優れた美容整形外科を選ぶポイントについて考えてみよう

二重整形の代表的な治療

ドクター

日本人の女性では自分の顔や体にあまり自信が持てないという人が半数以上を占めます。そういった背景もあり、近年は美容整形でそのようなコンプレックスを解消しようという風潮が以前より強まっています。日本人女性が希望するもので特に多いのが二重整形です。福岡在住の女性でも、二重整形の施術を希望する方は非常に多いです。病院に関しても、福岡には埋没法の施術実績があるクリニックがたくさんありますので、是非相談してみましょう。このページでは二重まぶたに関してどんな施術方法があるのかなど、二重まぶたの基礎的な知識について知りましょう。
二重の整形手術は大まかに分けて2種類に分けられます。埋没法と切開法です。まずは埋没法から説明していきましょう。埋没法を簡単に説明すると、まぶたに専用の細い糸を通して二重のまぶたを作るという方法です。埋没法の大きな特徴として、施術時間が長くなく、施術した箇所の痛みや腫れなども少ないということがいえます。埋没法はこのような利点から、満足度もとても高い施術方法です。福岡のクリニックでも殆どがこの埋没法を受け付けています。
埋没法についてもう少し具体的に仕組みを解説していきます。まず、皮膚に1ミリ程度の穴を空けます。そこから糸を埋め込み、目を開けるときに使う筋肉と瞼の皮膚の一部を繋げます。そうすることによって、目を開けるときに皮膚の一部が引っ張られて凹んだ形となり、自然な二重を作り出すことが出来ます。施術時間についても15分前後で終わることが多いので、美容整形の中でもプチ整形という部類に分類されます。手術後は少し腫れが残ることが多いため、二重の幅が想定していたよりも大きいと感じるかもしれませんが、段々と腫れが引いてくるごとに自分が希望していた二重になります。腫れが引くまでの時間は、施術から3~4週間前後です。
二重の美容整形に関して埋没法と並んで代表的な施術方法に切開法があります。切開法のメリットは、埋没法に比べるとより強度がある二重ができるということです。ただ、埋没法よりも内出血などが多いので、休む期間もそれだけ必要になります。福岡の美容整形クリニックで相談する場合は、どちらの施術法が良いかしっかりと相談して検討しましょう。
切開方法はまぶた自体を切ってくっつける方法なので、強固で取れにくい二重まぶたを作ることが出来ます。切開法でも埋没法と同じく糸を使用しますが、糸がずっと残るものと、溶ける糸を使用する方法があります。術後に糸が残っている場合も全く問題はないですが、糸を残したくないという人は事前に担当医に相談した方が良いでしょう。埋没法では効果が持続しないという人が切開法を利用することが多いです。